OS技研「OSスーパーグロス樹脂復活剤」を使ってみた

OS技研「OSスーパーグロス樹脂復活剤」を使ってみた

こんにちは!近頃は過ごしやすい気候になってきましたね。この時期は洗車や車内の掃除をすることが多い元整備士のヨシノリです。

洗車をしていいると、気になる箇所があります。それは黒い樹脂パーツ部分です。

特にフロントガラス周辺が特に気になる。カウルトップといわれる部分が白くぼけていて、念入りに洗車をして車がキレイになってもなんだかすっきりしません。

この部分が綺麗になると見栄えが一気に変わるのに・・・。と常々思っていました。

そんな時に、OS技研に「OSスーパーグロス樹脂復活剤」というものがあると聞き、試してみたいと編集長にお願いして取り寄せてもらいました。

これです!じゃーん。

作業準備

・OSスーパーグロス樹脂復活剤

・マイクロファイバータオル

・作業用手袋(僕は普段から使うメカニカルグローブを使用しました)

施工前の下準備

施工する部分の汚れ、ほこりをキレイにします。洗車後はブロアーなどで水気を完全に乾燥させましょう。

その後、養生テープなどで養生をします。

コーティング剤塗布

ここで、コーティング剤の登場です。コーティング剤をよく振って付属のスポンジに適量をつけて、薄く全体に塗布します。

もうここで、違いが表れています。これは楽しい。

注意事項として、コーティング剤のキャップをすぐに閉めて、水気、空気との接触を避けましょう。また、コーティング剤がボディ、ガラスなど、施工したい部分以外に付着した場合は綺麗にふき取ることが必要です。

整え作業

2-3分後に整え作業。コーティング剤は塗布せずにしっかりと上塗りします。ムラがないように塗り込みます。

仕上げ

最後に仕上げ拭きします。塗りムラ、塗り忘れ、異物の付着などが無いか確認し、マイクロファイバーで綺麗に拭き上げします。

仕上げ拭き上げ後、10分以上乾燥し、雨に濡れないようにし、この間は施工面に触れないようにします。ドライヤーなどで強制乾燥も可能です。

完全乾燥したら、完成です。

半分残した状態でビフォーアフターがわかるように写真を撮りました。これはかなりキレイになりました。

 

 

作業する際にいくつか注意事項がありました。

◇高温状態で作業しない

◇屋外やほこりの多い場所で作業しない

◇直射日光下では作業しない・・・など注意事項があるので、作業手順書をよく読み作業を行いましょう。

まとめ

作業自体はものすごく簡単で、ムラもできにくいため、初めての方でも安心して施工できると思います!作業中は施工したところからみるみるキレイになっていくので楽しく作業することができました。所要時間については、施工する箇所にもよるとは思いますが、カウルトップだけの作業時間は乾燥を含て15-20分で完了しました。ただ一つ、個人的な感想として形が少し複雑な形状のカウルトップを施工した際、届きづらい箇所があったため、付属のスポンジがもう少し柔らかいものもあると良かったかなと思いました。2種類あるとユーザーは使い分けができるため、嬉しいですね!